海外クラブ

リヴァプール黄金時代!その理由はクロップ監督の手腕のおかげ!?

リヴァプール黄金時代!その理由はクロップ監督の手腕のおかげ!?

 

2年連続のチャンピオンズリーグ決勝進出、そして昨年、チャンピオンズリーグ王者を勝ち取り。現在プレミアリーグ無敗、首位独走中とここ数年、まさにリヴァプール黄金時代の到来。

その絶好調の秘密は、ユルゲン・クロップ監督の手腕によるものなのか?リヴァプールの様々な情報と推測をしてみました。

リバプールに移籍が決まった南野拓実の試合日程や放送はいつ?テレビやネットで視聴はできる?
リバプールに移籍が決まった南野拓実の試合日程や放送はいつ?テレビやネットで視聴はできる? 2019年12月19日、衝撃のニュースが飛び込んできました。「南野拓実リバプール移籍」!前所属のザルツブルグで、UEFAチャンピ...

リヴァプールFCとは?

リヴァプールFCは、イングランド・リヴァプールを本拠地とする、世界最高峰のプロリーグ、プレミアリーグに属するフットボールクラブ。

チームの愛称は「The Reds」(レッズ)。JリーグのFC東京の応援歌でもある、世界中で人気の応援歌「You’ll never walk alone」を最初に歌ったクラブでもあります。

ライバルチームは、マージーサイドに本拠地を置くエヴァートンFCであり、両者の対決は「マージーサイドダービー」として毎試合、注目されている試合になっています。

クロップ監督によるリバプールの戦術

ユルゲン・クロップ監督(以下クロップ監督)は、15−16シーズン開幕の2ヶ月後という難しいタイミングでリヴァプールの監督に就任し、その後、17-18、18-19と2シーズン連続CLファイナル進出、CLチャンピオンなど、目に見える結果を出し続けてきました。

https://twitter.com/SoccerKingJP/status/1182650870363615233

なぜクロップはそこまで勝てるチームを作り上げられたのでしょう?

リヴァプールのイメージは、「とにかく点は取れる」という超攻撃型のチームスタイルでした。現在、バルセロナで活躍するルイス・スアレスや、フェルナンドトーレス、オーウェンなどの強力FWを要し、どれだけ点を取られても取り返す、というイメージが強い時期が続きました。

同時に、「守れないチーム」というイメージも付いていました。それを払拭したのがクロップ監督です。

クロップ監督は守備の立て直しを最優先に考え、「ゲーゲンプレッシング」をチームに浸透させました。

ゲーゲンプレッシングとは?

今やクロップ戦術とも言われるほど、浸透したこの戦術。

簡潔にいうと、攻から守への切り替えのアクションを素早くし、即時にボールを奪い返してショートカウンターに転じる戦術です。

最前線から積極的にプレッシャーを与えに行き、相手に考える時間を与えずにミスを誘発してボールを奪う動きを連続で行います。

ゲーゲンプレスには3つの動きがあり、

・ボールを奪われたらすぐに、守に切り替え、ボールホルダーにプレッシングに行く。

・パスコースを限定させ、相手のプレーの選択肢を減らし、連続的にプレッシングに行く。

・ボールを奪ったら、すぐに素早いショートカウンターに転じる。

を、組織的に行います。

この戦術で一番重要なのは、攻から守、守から攻への切り替えの早さです。切り替えが早ければ早いほど、ボールホルダーへのプレッシャーも大きくなり奪いやすくなります。

これがゲーゲンプレッシングという戦術です。

サラー・マネ・フィルミーノという世界最高峰の3トップ要する攻撃陣に、この戦術を叩き込むことで、もともと爆発的な攻撃力を誇る攻撃陣に、守備面から修正していき今のリヴァプールのような素早く強いサッカーを浸透させていくことに成功しました。

リヴァプールの注目選手

ほとんどの選手が世界クラスの選手なので、もちろん全選手を注目して欲しいのは山々ですが、その中でも、今のリヴァプールの強さの中心になっている選手を3選手挙げていきます。

フィルジル・ファン・ダイク

https://twitter.com/SoccerKingJP/status/1194209606160879616

2017年12月にサウサンプトンから、当時、DFでの移籍金最高額でリヴァプールに完全移籍してきました。

彼は、短所という短所が見つからない、パーフェクトな選手です。ボディバランスの強さ、足元のうまさ、冷静な判断・指示、ゴールセンス全てを兼ね備えた世界最強CBと言えるでしょう。

現に、彼が1年5ヶ月ぶりに1対1で抜かれる!なんてニュースが話題になるほどです。

DFながら、今年のバロンドールの最有力選手としても名が挙がっています。

アレクサンダー=アーノルド

ユース上がりの弱冠21歳ながら、リヴァプールの不動の右サイドバックとして活躍しています。

彼の最大の特徴は、「キックの精度」「スピード」です。昨シーズン、この若さにも関わらず、プレミアリーグのDFにおける1シーズンの最大アシスト数(12)を記録するほどです。彼のクロスからいくつものゴールが生まれています。

未だに、守備面には若干不安は残しますが、今のリヴァプールを象徴するプレースタイルの持ち主です。今後もますます期待できます。

ロベルト・フィルミーノ

2015年、ホッフェンハイムから移籍してきたブラジル代表FWです。

ストライカーとしての得点能力はもちろんですが、彼の最大の特徴は「偽9番」です。馴染みのない言葉かもしれませんが、要するに、FWの位置から一列降りてスペースを作り、ケームメイクをすることができるということです。

フィルミーノが一列降りて、DFを引きつけスペースができるからこそ、他の選手のプレーの選択肢が増えるのです。足元の技術もブラジル人らしく、アシストの豊富さもあるので、サラーやマネが得点を量産できるのも、フィルミーノの偽9番のおかげとも言える、非常に欠かせな選手です。

今年のリバプール結果予想

プレミアリーグ、チャンピオンズリーグを同時に戦っている今期のリヴァプール。

今年はどのような結果を出せるのでしょうか?予想してみたい思います。

プレミアリーグ

https://twitter.com/GoalJP_Official/status/1200821463244140544

リヴァプールは現在、13勝1分と開幕14戦無敗、首位独走中です。トンデモナイ数字ですね。

2位のマンチェスターシティとのポイント差も10以上あるので、まだ優勝確実とは言えませんが、1990年以来の悲願の優勝は、かなり濃厚でしょう!

03-04シーズンのアーセナルが達成した無敗優勝の再来もあるかもしれません!注目してみていきましょう!

チャンピオンズリーグ

ディフェンディングチャンピオンであるリヴァプールですが、プレミアリーグとは打って変わって、CLのグループリーグは少し苦戦している感があります。グループE首位には位置していますが、未だ突破は決めておらず、次節の結果によっては敗退も考えられます。

ですが、一度勢いをつけてしまえば、止めることは容易ではない力を持っていますから、グループリーグを突破することができれば、3シーズン連続のファイナル進出を狙えるでしょう!

バルセロナとのファイナルでCL2連覇を予想します!

リヴァプール黄金時代!その理由はクロップ監督の手腕のおかげ!?まとめ

リヴァプールFCについてまとめてみました。

強豪ではあったがなかなかタイトルの取れないチームから、数年で黄金時代に突入し、CLチャンピオンにもなったチームへと変貌させたクロップ監督の手腕はものすごい能力ですね。これは選手へのアフターケアやモチベーションの上げ方など、人間性も優れているからこそなし得るものなのでしょう。

今年もリヴァプールは絶好調のまま突き進んでいます。プレミアリーグではどこがリヴァプールを止めることができるのか!CL連覇を達成できるのか!

今期大注目のこのチームを皆さんも見逃さないように!!